活用イメージ集

どのような申請が対象になるか
活用イメージをご紹介します。

活用イメージ1

金属加工業 省人化(業務効率化)
実施前

受注後に場長が指示書を作成し、生産の段取りをしているため、急な変更への対応が困難。結果として、生産管理体制に「ムリ・ムダ・ムラ」が生じていた。

image
製本機導入
実施後

生産計画の立案や工程を可視化することで、納期の見える化が実現。急な変更への対応が容易となり、各オペレーターは余裕を持った生産活動が可能となった。

image

更新日:2024/1/18

活用イメージ2

金属加工業 新規事業展開 新商品開発
実施前

主に眼鏡フレームの生産を行っているが、生産競争が激化しており、単一市場に依存する現状は大きな経営上のリスクとなっていた。

image
AI自動選別機導入
実施後

チタン系金属の加工技術を駆使して、問い合わせの多い医療用チタン部品製造を始めた。

image

更新日:2024/1/18

活用イメージ3

飲食業 生産量増大
実施前

厨房設備が古く昔ながらのガスコンロやガステーブルを使っているため、生産量の頭打ちがあった。

image
受注・発車計画システムの構築
実施後

「蒸す」「焼く」「煮る」等の調理を自動化することが可能となり、25%程度の仕込み時間の削減を実現。その分の時間を活用して、大人数の団体客も受け入れできるようになった。

image

更新日:2024/1/18

活用イメージ4

飲食業 省人化(業務効率化)
実施前

人員の確保が難しくなっている上、人件費の上昇が続き、店舗内の作業効率の改善が課題となっていた。

image
受注・発車計画システムの構築
実施後

厨房内のディスプレイに注文内容が表示され、伝達の行き違いが防止できるとともに、ホールスタッフの業務効率が上がった。

image

更新日:2024/1/29